広島メープル法律事務所 広島メープル法律事務所

【営業時間】9:00〜17:30 017-722-1600

弁護士ブログ

弁護士ブログ「今月の一作~「ハコヅメ~交番女子の逆襲」~」甲斐野正行

2019.01.31

いろいろ本を読んだり舞台を見たりするのに、当たり外れがあることはやむを得ませんし、

本だと、既に買っているのに、あれ?と思いながら、また同じものを買ってしまったり、

ということもありますが、これは当たりと思った今月の一作。

 

今月は、泰三子さんの「ハコヅメ~交番女子の逆襲」です。

 

morning.moae.jp/lineup/887

 

雑誌モーニングで2017年11月から連載されて、単行本は超ハイペースで既に5巻まで出ています。

作者は、某県警に10年勤務していた方で、婦警さんの視線で、いい人ほど過労死で早く死ぬという大変ブラックな職場である警察の日常を、力の抜けたコメディセンスで活写しています。

絵は少々、いや相当に残念なのですが、漫画は絵が下手でも成立し、全体の総合力であることがよく分かる作品です(絵の印象で好き嫌いが分かれるでしょうが。ちなみに私はワンピースが絵のせいで受け付けません)。この作品は、デスノートの小畑健さんやクライングフリーマン等の池上遼一さん、アキラの大友克洋さんなど、上手とか、スタイリッシュという絵柄ではおよそ魅力がないと思われ、ある意味、タカラヅカ的(分かる人は分かる)です。

 

昨年来、僧衣での運転事件で福井県警の交通係の警察官がやり玉に挙げられましたが、現場の警察官としては、ここで見逃して事故が起こったら後悔するという思いがある(交通事故の死体は悲惨な状態になることが多く、そうしたものを何度も見る機会があるからこそ)、というのは分かるところがあり、きまじめな警察官は、やはり危ないと思えば摘発はするだろうと思います。本作にはそうしたエピソードもあります。

前のブログで触れましたように、福井県の道交法施行細則は定め方に問題がありましたが、僧衣での運転は、確かに第一感として危ないのでは?という印象があります。僧侶の方が動画等で、僧衣での運転は危なくないというのをやって見せていましたが、第三者的な立場の人、あるいは、メーカーや自動車学校、免許センター等の専門的な立場から自動車運転と衣服の関係について検証したものや意見がないのかという気がします。交通安全の問題で、人の生死がかかるのですから、そのあたりはもう少しきちんとした研究や検証があってもよいように思うところです。

 

まあ、そうしたことは置いといて、面白い作品です。