広島メープル法律事務所 広島メープル法律事務所

【営業時間】9:00〜17:30 017-722-1600

弁護士ブログ

弁護士ブログ「谷本選手、二岡選手頑張れ」甲斐野正行

2019.05.31

広島修道大学ひろしま協創高校(旧・鈴峯女子高校)のご出身で天満屋女子陸上部所属の谷本観月選手と、中電工の二岡康平選手。

地元の二選手がドーハで今年9~10月に行われる世界陸上のマラソン代表に選ばれました。

https://www.sanyonews.jp/article/903027

 

今度の世界陸上は、来年の東京オリンピックのマラソン日本代表選考会となるMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)の時期(今年9月15日)と重なるため、MGCを優先する有力選手が多いと聞きました。MGC出場資格を有する有力選手としては、今年の世界陸上に出場するメリットはまったくない、という方もいます。

実際、MGCでオリンピックの代表3枠のうち2枠がほぼ自動的に決まり、残り1枠は、MGCファイナルチャレンジ(2019年度の国内主要競技会で設定記録突破者のうち記録最上位選手。いない場合はMGC3位の選手を選出)によるため、オリンピック代表となるには、MGCに出た方がチャンスがあるようです。

 

そのため、世界陸上に出場する有力選手を確保できないのではないか、と、日本陸連が危惧していたのも無理はありません。このあたりは、とかく指摘を受けていますが、日本陸連の選考基準や方法に問題があるように感じますね。

 

谷本選手も二岡選手もMGC出場資格を持つそうですが、世界陸上に出場するため、MGCには出場しません。東京オリンピックの代表になるには、不利でしょうが、そこを敢えて世界陸上に出場する心意気を買いたいところです。

 

他の代表の方々のご活躍を期待するところは大ですが、私も修道学園のOBとして、特に谷本選手のご活躍を祈念してやみません。

 

もちろん、同じく修道学園OBの山縣亮太選手もね。

 

以 上