広島メープル法律事務所 広島メープル法律事務所

【営業時間】9:00〜17:30 017-722-1600

お知らせ

弁護士ブログ「特殊詐欺~被害者の心を深く傷つける犯罪~②」中井克洋

2018.09.05

これだけ被害がでており、マスコミでもたびたび特殊詐欺の手口が紹介されているのに、被害が減らないのはなぜでしょう?

 

被害者の方たちも電話がかかってきたときに、最初は相手を疑っているようです。

しかし、性善説というか、まさか本当にそんな悪い人はいないだろう、とか、テレビの中で報道されていることが自分にふりかかることが実感できない、などの不思議な心理によって、話を聞いてしまいます。

いったんかかってきた電話で話を聞いてしまうと、例えば高齢者の方であれば老後の生活や健康に対する不安をもっているので、「少しでもお金を増やしておいたほうがよいだろう」ともちかけられると、「そうかな」と思って次第に騙されはじめます。

そして、いったんひっかかるとそのまま言われるままに支払う人もいます。

断った人に対しては、今度は、「あなたが約束したために既に私がお金を立替払いした。どうしてくれるんですか。」とか「あなたがこの話にからんだことで、警察が動いています。それを止めるためにはお金がいります。」などと脅して、お金を払わないと大変なことになると不安にさせて、支払をさせたりします。

 

本当に巧妙な話法を犯人たちは準備しています。

 

今は銀行振込の限度額ができているので、騙されたり脅されたりした人たちの多くは、銀行でお金をおろして、指定されたところに、宅急便でお金を送ります。

お金をおろすときには、銀行の窓口の人が心配して、「何に使うのですか」と聞いてくれるのですが、「リフォームのためです」などと嘘を言ってしまいます。

宅急便でお金を送るときにも、宅急便の人が同じように「中に何が入っているのですか」と聞いてくれるのですが、これも「本です」などと嘘を言ってしまいます。

それは犯人たちが、「銀行や宅急便でそのように聞かれたら、このように答えなさい。」と指示するからです。

 

続く