広島メープル法律事務所 広島メープル法律事務所

【営業時間】9:00〜17:00 017-722-1600

お知らせ

弁護士ブログ「十三参り 今年も新型コロナで残念な卒業式・入学式(-_-;)」甲斐野正行

2021.03.08

 2月3日のブログで、もとは関西の風習である恵方巻について触れましたが、同じように関西発というか、京都発の風習と思われる十三参り(じゅうさんまいり)の時節になってきました。

 

 七五三ほど全国区ではないのですが、旧暦の3月13日(新暦の4月13日)に、男女とも数え年13歳でおこなう祝いで、子どもの多福・開運を祈り、小学校を卒業して中学校に入学する春に寺社に詣でる形式が一般的です。

 起源は諸説あるようですが、京都嵐山の法輪寺さんのHPを拝見すると、「平安時代のはじめ、幼くして帝位についた清和天皇が数え年13歳になった折、成人の証として法輪寺で勅願法要を催したのを端緒として、成人儀礼として法輪寺の虚空蔵菩薩に詣でて智恵を授けていただく十三まいりが行われるようになりました」、とあります。

 

 虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)は、知恵を授ける菩薩とされ、その修法「虚空蔵求聞持法」(一定の作法に則って真言を百日間かけて百万回唱える)を修めた行者は、あらゆる経典を記憶し、理解して忘れる事がなくなるといわれ、空海さんや日蓮さんもこれを修めたそうです。

 

 十三参りは、時期的には新暦4月13日ですが、現在では一般に4月13日の前後1ヶ月(3月13日~5月13日)に行われるようで、法輪寺さんでは春だけでなく、秋の10月1日~11月30日にも行われています。

 

 関西では七五三より親しまれているとも聞きますし、関西だけでなく、関東や東北でも虚空蔵菩薩を祀る寺社のあるところでは盛んなようで、茨城県東海村の虚空蔵堂さんや東京浅草の浅草寺さんでも、3月から5月にかけて行われていますし、広島の寺社でも十三参りをしているところは多いようです。

 

 数えの13歳は、男子は昔の元服時期(12歳から16歳)にあたり、女子は初潮を迎える時期にあたるため、人生の大きな節目とされたのでしょう。昔の女の子はこの歳にお歯黒を入れることもあったそうで、子どもの厄年にもなってます。

 

 3月から5月というと、現代でも卒業式・入学式と時期的に重なりますので、やはり人生の最初の節目であることには変わりはないですね。

 

 ただ、今年も新型コロナのために、卒業式・入学式を盛大に祝うことが難しそうです。

 

 私が監事を務める学校法人修道学園の、修道中高及び協創中高も本来は在校生・保護者・来賓・教員出席の上で開催されるべきところ、昨年よりは緩和されたものの、出席者を絞り規模を縮小して実施され、また、することになっています。

 

 今年こそはと、出席させて頂くのを楽しみにしていましたが、今年も私たちは出席を控えることとなりました。

 

 新型コロナができるだけ早く収束して、以前のように盛大に祝ってあげることができるようになればと思います。